トップ

日帰り手術

痔について

診療案内

リンク
  〒659-0026
  兵庫県芦屋市
      西蔵町4-5

 tel : 0797-38-1212
 fax : 0797-38-1202


近年、食生活の欧米化にともない日本でも大腸癌が増えてきました。大腸癌は早期のものは治癒率が高く、特に早期発見・早期治療が重要な癌のひとつです。下血はもちろんのこと、便秘や下痢の持続・便が細い・残便感などの症状があれば精密検査の必要性があります。




便に血液が混じっていないかどうかを調べます。




当院では、高性能の電子内視鏡による検査をおこなっております。
診察時、明らかな出血など症状によっては、S状結腸までの内視鏡検査を行います。前処置は直前の浣腸のみで、検査は数分で終了します。




予約の上、検査食・下剤の前処置が必要です。
経肛門的にバリウムを注入し、主としてS状結腸より奥の大腸を調べます。




図のように、全大腸ガン1049列中956列と大腸ガンの80%以上が、直腸〜S字結腸部に発生しています。大腸ファイバースコープではこの部分を中心に調べます。

−大腸肛門病センター高野病院資料より引用−


Copyright(C) 2017 maekawa clinic. All Rights Reserved