トップ

痔について

大腸癌検査

診療案内

リンク
  〒659-0026
  兵庫県芦屋市
      西蔵町4-5

 tel : 0797-38-1212
 fax : 0797-38-1202


当院では、手術が必要となるような痔疾患の場合は、日帰り手術を行っております。日帰り手術とはいえ、入院手術と何ら変わりのない根治術を施行するため、翌日から日常生活には支障ありませんが、安静が必要となります。(翌日からの復職は軽作業事務職であれば可能です。)
手術は、うつぶせになっての楽な姿勢で行い、約10〜20分ほどで終了します。術後1時間ほど休んで頂いて、歩いてお帰りになることが出来ます。
日帰り手術の他、内痔核硬化療法も行っています。





痔核が治っても、術後肛門狭窄や便失禁など肛門機能が悪ければ無意味です。当院では、肛門上皮を可及的に温存する術式(可及的肛門上皮温存結紮切除術)をとっており、術前と変わらない肛門機能を保つことが出来ます。また、最新の超音波振動メスを使用することにより、出血は極わずかですみます。
内痔核に対しては、手術の他硬化療法も行っています。





脱出を伴う内痔核に直接投与して、痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。痔核を切り取る手術と異なり、痛みを感じない部分に注射するので「傷口が痛む」「出血する」こともありません。また、効果も十分満足できると評判の治療法です。
痛みを感じない場所に注射するため、麻酔の必要もなく、注射後1時間程度の点滴を受けて帰宅していただけます。数日間の安静は必要ですが、翌日からの仕事復帰が可能です。





痔瘻のType(I〜IV型)・方向・数によって3つの術式(@開放術式(Lay-open)Aくりぬき手術BSeton法)を使い分け、創が小さく、肛門括約筋を温存するよう心がけております。





裂肛の程度により2つの術式(@内括約筋側方切開術A皮膚弁移動術)を使い分けております。





●痔核根本手術
●ALTA療法(ジオン注)
●肛門周囲膿瘍切開排膿術
●痔ろう根本手術
●裂肛根本手術






120例
123例
25例
37例
10例

Copyright(C) 2017 maekawa clinic. All Rights Reserved